So-net無料ブログ作成

シンビジウムが招くアジサイ [歳時記]

 4年前に初めて関与したお客さん、確定申告後にシンビジウムの鉢を持って来てくれました。花が終わった後も母が面倒を見続けたので翌年にそのお客さんが来て「凄い、私はすぐに枯らしちゃうんですよ」とか言うので母のハートに火が点いたのか?「グリーンアンプル」が鉢に挿さってたりと世話が続いたり。

ヨーキ産業 観葉植物用活力剤 35ml×10P

ヨーキ産業 観葉植物用活力剤 35ml×10P

  • 出版社/メーカー: ヨーキ産業
  • メディア: Tools & Hardware

 グリーンアンプルってアンプル風容器の中に液体肥料が入ってるだけじゃないの?と思うけどホームセンターや園芸店で案外売ってるし単価が安いからか愛用者も多い、我が家も猫用ハーブに挿してみようかな?そんなんで花が散った後は一回葉が枯れたりでもうダメか?と思ったりしたけど4年目の今年にまたつぼみを付けました
蕾
 凄いじゃないの、と母に言うと何の事はない事務所の隣のお宅にもシンビジウムの鉢が有るので真似をして世話をしているだけらしい。お隣の園芸はレベル高いからな、てそのレベルの差なのかお隣のシンビジウムは一昨日に花が咲きました。ウチのはつぼみの状態でどれだけ経つんだ?と言う感じなのに。


隣は咲いた
 しかし折角つぼみを付けるところまで持って来たので件のお客さんに提出した申告書の控えを郵送する際に写真を同封しました、ドヤァ!と言うより4年越しでまた花を付けそうなのは自慢したくなるし。その数日後に事務所宛に荷物が、この時期は確定申告資料が小包で届く事もしばしばなので玄関に行くと物凄く大きいけど軽い箱が届いて何かなと。

 送り状に「花」とあるのでまさかと思いつつ開けるとこれまた立派な、「アジサイ」とあり葉は確かにアジサイなんですがこんな種類見た事ない。送り主は当然?シンビジウムの鉢をくれたお客さんで、当時は歩いてもすぐの場所に住んでいたのが今はえらい遠方なのに。午前中に花が届いて午後に「何この市外局番?」と言う電話があり件のお客さんだった、アジサイは玄関に飾ってシンビジウムは花が咲いたらまた写真を撮って送らなければ、流石に今度は花は送られて来ない、筈。
アジサイ

 
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0