So-net無料ブログ作成
検索選択

小杉湯 (杉並区高円寺北) [銭湯]

 先月末にNHKの「ドキュメント72時間」と言う番組で「高円寺・何を求めて銭湯へ」と言う番組を放映したのですよ、登場したのが高円寺の小杉湯でアレ?行った事が無い、杉並区の銭湯は土曜定休が多いので土曜日に銭湯巡りをする身としては行きそびれていたか?と言うと木曜定休で全然違う。テレビだと入浴施設はメタメタに改造されていたけど躯体は古い社殿造りの良い感じなので行かねばなと、日曜日のランニングの後の予定が無くなったので一旦帰宅後小杉湯を目指す事に。

 週末の夕方環七外回りと言えば渋滞なんですが出がけに調べると渋滞表示が無い、なので強気に環七から高円寺を目指す。が、丁度夕方なので商店街は抜けられないので一旦高円寺をやり過ごして早稲田通りから南下、しようとしたら商店街は皆一通出口でしかも夕方だから買い物道路だ。裏道の路地に突入して地番を頼りに進むと「自然回帰水小杉湯手前クリーニング店右入る」の行灯を発見。
行灯が目印
 幅員2mも無い路地に入るとあったよ小杉湯、テレビでは安くて美味そうだった向かいの定食屋「丸長」は17時半より営業ってまだ15分かよ。夕方の銭湯ピークタイムなので混んでるわ、一旦原付を路地入り口電柱裏ゴミ集積所に乗り捨てて周囲を散策。裏手の駐車場に廻ると浴場躯体が見えますが、煙突が短いステンレス製になっているのでココもガスだね、恐るべし都煤煙条例。
裏手


 裏手をぐるっと廻ると庚申通り商店街です、NHKじゃ純情商店街とか言ってたのが違うじゃないか、庚申通りをそう呼ぶのか。出たところに立派な庚申塚と言うよりお堂があったり、駅方向に歩いて小杉湯への角を曲がろうとしたら、角の一方が電気店でもう一方が「たまむら履物店」と言う履物屋だ。前に巣鴨のとげ抜き地蔵商店街の履物屋で買った雪駄がボロくなっていたので入って物色すると同じ物(鼻緒が白革ではなく別珍だけど)を売っていたので買ったり、1,680円て消費税5%かよ。
名前の由来の庚申塚
 さて、改めて小杉湯へ、本来の前庭部分が正面右手はコインランドリー、左手は入り口に改造されていますが、中央部分には見事な唐破風が残っている。鯉の懸魚の下には富士山の透かし彫り、見事なのでライトアップされてる。下足入れに歩くとキュッキュッ音がする破れかけの雪駄をしまい自動ドアを抜けて入場、ロビー奥はテレビと漫画図書館で、手前にフロントとその向かいに外の幟にあった自然回帰水のサーバーがある、回数券を渡して奥の男湯へ。
破風が見事
 脱衣場は近代化されていますが上を見上げれば見事な折上げ格天井、脱衣場との仕切りの外壁側に大型のアナログ体重計・敷居側にデジタル体重計がありどんだけ体重計だらけなんだ?トイレは外壁側で換気の為窓全開は流石にそろそろ寒い、シャワートイレつきの広い個室ね。

 洗い場へ、改装で島カランの背が高くなって圧迫感があるけど広い。島カラン2列でカランは敷居側から0-6-6-6-6-2と大型銭湯、敷居側はカランが無く外壁側には水風呂が有るのでカランは介護仕様が2つ、外壁側手前に立ちシャワー2。17時半と夕方のピークだけにカランの半分以上が埋まっている、ケロリン桶と腰掛持って爺さんが歯磨きしている隣のカランに陣取る。カランはWaguriのボタン式でお湯熱い。

 そう言えば午前中にハーフマラソン走ったままなので全身ベタベタだ、念入りに汗を拭ってから浴槽へ。混んでるので外壁側奥のミルク風呂と敷居側白湯の座風呂だボディジェットだはほぼ満員、中央の薬湯が空いてるなと思ったら熱湯ですね。薬湯ってぬる湯が多いのに、ちゃんと熱湯だと書いてあったけど。11月なのに素手+裸足で高円寺まで来たので末端が冷えているので足を突っ込んで慣らしてからズブズブと浸かるけど本当に熱いよ。

 熱過ぎると毛穴がビックリして閉じてしまい却って汗が出ないのでそのまま耐えて汗が出たら水風呂に移動、水温20度で気持ち良い。薬湯と往復して発汗を促そうか?と思ったら隣のミルク風呂が空いたので移動。ミクロバブルではなく本当にクリーム状の物をお湯に溶いてるとか、人気の秘密は熱過ぎない事も大きいと思うけど。「岩盤浴」として背中の当る部分がポカポカしている、銭湯の岩盤浴て本来の岩盤浴と別物が多いのは何故だろうか。

 上がって体を洗う、シャンプー類の備え付けは有るのですが浴客の半数は持参しているので最近始めたサービスかな?敷居の上部にガスに切り替えた際にガス燃料電池発電機も導入したとか貼紙がしてある。相変わらず熱いカランの湯を水でうめて石鹸を流してから浴槽へ、ペンキ絵は26年7月31日箱根芦ノ湖とあり、NHKの取材がその頃だったのでテレビ放映に併せて高天井も含めペンキを塗り直したのかもしれないね。白湯の浴槽は薬湯よりちょっと温度が低いくらいの熱湯で汗が出るまで粘って立ちシャワーを浴びて上がる。

 18時になって若干空いてきました、外に出ると傘をさしている人がいてマジ!?日曜の予報は雨だったので当りと言えば当りだけど朝降ったきりでずっと曇りだったのに、商店街は流石に不味いんで裏道を経由して高円寺駅前に出て環七で飛んで帰りました。浴室の気密感が高いのとお湯が熱かったので暖まって良かったわ
千鳥破風

小杉湯
http://www13.plala.or.jp/Kosugiyu/
http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=15097
http://sentou.jp/map/1-13.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/sugi/kosugiyu.htm
http://furoyanoentotsu.com/kosugiyu_koenji20090228.html


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0