So-net無料ブログ作成
検索選択

真実はひとつか? [心と体の健康]

Wikipedia  羅生門 (1950年の映画)
>対立する複数の視点から同じ出来事を全く違う風に回想し、真実がどうだったのか観客を混乱させるという手法が用いられており、これはアメリカ中国など、多くの国の映画やフィクションに影響を与えている。本作は、1951年(昭和26年)のヴェネツィア国際映画祭グランプリを受賞し、黒澤明や日本映画が世界に紹介されるきっかけとなった。

羅生門 デジタル完全版 [Blu-ray]

羅生門 デジタル完全版 [Blu-ray]


 なんつう、素晴らしい文化を過去発信した歴史の有る我らが日本国ですがどうにも昨今「ひとつの真実」を振り回すアホウだらけで仕方が無いですね。仮に百歩譲って真実がひとつだったとしても、それこそ羅生門の如く己の立ち位置から見える真実の形は千差万別で「自分には真実はこう言う形に見える」と言うのは発言者の主観かせいぜいお仲間の内輪同士な共有価値観で普遍的な見方では無いと思うんだが。

 なのですが昨今は様々な問題(例示すると検索キーワードで引っかかるのも面倒なくらい)で己(己の陣営)こそが真実を知っていてそれ以外の連中はウソを真実と教え込まれている可哀想な下等生物とか本気で思い込んでる連中の何と多い事よ。具体的に(なつかしの金曜チェック風に)条件を挙げると

・真実はひとつである
・自分はそのひとつしかない真実を知っている
・自分に反対する者はウソを真実と思い込んだ可哀想な連中である

 と言うオウムか原理主義者そのものの考え方を本気で思っていてもうね、典型なのが反原発だオキナワがどうこう言ってる連中で「レイシストしばき隊」なんつうイランの革命防衛隊(大統領の親衛隊で私刑を加える連中)と大差無い様な連中まで登場しているし。他方「ネット右翼」と決め付けられる連中も同じ様に「たったひとつの真実」を振り回していてもうね、所謂ネット右翼は団塊世代のジュニア世代が中心なのでやはり親子と言うか親世代に反発しつつも根本部分は同じなんだろうかね?


 「日本人は議論が苦手」なんて言いますがコレって普遍的な日本人じゃなくて「真実はひとつ」系の連中特有の事じゃなかろうか?議論(ディベート)なぞ異なる立ち居地の者同士がそれぞれの立場からモノを言い合う仕組みなんですから「真実はひとつ」である以上は議論相手はウソを信じ込んだマインドコントロールされた哀れむべき劣等人間と言う事になって「たったひとつの真実」を自分が教えてあげて目を覚まさせるしかないからね。

 と言う、正しく「仮想的有能感」で相手に接するから自ずと上から目線になるし。それでいてそもそも「議論」する気が無いと言うか争点が存在しないから議論は成立しない、だからせいぜい良くて「説得」にしかならずしかも所詮は裏付けの無い仮想的有能感であって能力やスキルや行動力が特段優れているのでもないから「なんで真実が理解出来ないんだ!?」みたいな憤りから罵倒調に成り下がって暴れだす「議論の出来ない議論好き」全開になっちゃうのが強烈に痛いです。

 とにかく揺らぎようも無い「絶対の真実」ですから論理が破綻していようが辻褄が合わなくても疑いようが無い訳です、世界の成り立ちやこれからの趨勢を物語る唯一絶対の論理ですから破綻とか有り得ないんです。とか「真実はひとつ」と思い込んじゃうとそんなん気にならなくなる様で。同様に己は絶対者に帰依していると言う根拠の無い思い込みも有りますからトラブルになったり嫌われたりしてもそんなのは一時的ですからいずれは自分の正しさが絶対的に証明されるワケです、だから公の場で最低な発言をしたりネットの匿名掲示板で荒らし行為をしても正義は我にあるんだから平気なんです。

 と言う人間をオンラインにせよオフラインにせよ目にすると「うわあ」としか思わないけどその「うわあ」頻度が上がってるかも、「絶対の真実」は宗教なんでそれの帰依する人は言っちゃあ悪いがキチガイじみてるなあと観察して情報収集と分析するしかないんだけど。オフライン(リアル)で接するその手の人たちって「脆い」人が多いけどね、その手の人たちが訴える「生き辛さ」も「真実はひとつ」と言う思い込みが原因であって真実なぞ人の数だけ有ると思えば何も苦しい事は無い筈なんだけど。とか思うんだけどその手の人たちをどうこうする義務も義理も無いんでどうでも良いんだけど。


nice!(2)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 39

さいあき

実に良い記事であります。
全く同感であります。
by さいあき (2013-05-22 23:06) 

furitann

 うひょ、ご無沙汰でほめて頂き深謝。ももんじ料理でも食べ行きましょうかね。
by furitann (2013-05-23 07:45) 

サンフランシスコ人

「素晴らしい文化を過去発信した歴史.....」

現在もサンフランシスコから発信中....
by サンフランシスコ人 (2013-05-23 09:45) 

furitann

 すげえ、売り込みだ・・・
by furitann (2013-05-24 00:03) 

サンフランシスコ人

個人としては非常に頑張っております.....
by サンフランシスコ人 (2013-05-24 11:19) 

furitann

 それは凄くわかります、私が認定しても良いくらい。
by furitann (2013-05-24 22:33) 

サンフランシスコ人

「素晴らしい文化を過去発信した歴史.....」

5/26 和太鼓の公演に行ってきました.....
by サンフランシスコ人 (2013-05-28 06:17) 

furitann

 和太鼓は迫力有る様で単調だから眠いですよね。
by furitann (2013-05-29 00:03) 

サンフランシスコ人

誰も寝ていないでした...
by サンフランシスコ人 (2013-05-29 10:23) 

furitann

 最近の和太鼓はメリハリありますね、昔のは単調でヘヴィ・メタルを延々と聞いているような感じでした。
by furitann (2013-05-30 07:44) 

サンフランシスコ人

「個人としては非常に頑張っております.....」

日本文化は世界一の文化ですよね....
by サンフランシスコ人 (2013-05-30 10:15) 

furitann

 そう言って周りが見えなくなる人間にはなりたくないですが、大好きです。
by furitann (2013-05-30 23:21) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコでは日本文化が立派に見えます.....
by サンフランシスコ人 (2013-06-01 06:14) 

furitann

 立派なのは間違いないですからどんどん好きになってください。
by furitann (2013-06-02 00:06) 

サンフランシスコ人

アメリカでは和太鼓が大変人気があるのです.....
by サンフランシスコ人 (2013-06-02 10:14) 

瓜坊

面白い!
なんで、上からの発言する人が、増えたのかな~と思っていたので(ここ何年か、特に自社内で。)

1つのヒントを貰えた気がしました。
ありがとうございました。
by 瓜坊 (2013-06-03 01:51) 

サンフランシスコ人

「どんどん好きになってください.....」

http://jffsf.org/2013/
by サンフランシスコ人 (2013-06-03 04:51) 

furitann

>サンフランシスコ人さん
いや、沢尻エリカはどうだろうか?

>瓜坊さんコメントありがとうございます。
記事どおり真実ではなく私の意見ですが、その手の人って議論が出来ない上に打たれ弱いんでちょっと精神的にプレッシャーかけて反応を見てくださいね。
by furitann (2013-06-03 23:31) 

サンフランシスコ人

「沢尻エリカはどうだろうか?....」

わかりません.....
by サンフランシスコ人 (2013-06-04 05:11) 

furitann

 日本語の微妙なニュアンスが難しかったですね。
沢尻エリカの映画をアートと言われても違うと思うと言う意味です。
by furitann (2013-06-04 23:39) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコでは映画はアートじゃないです...
by サンフランシスコ人 (2013-06-05 08:14) 

furitann

 それ良いですね、日本じゃ芸術家気取りの映画屋さんが時々います。エンターテイメントですよね。
by furitann (2013-06-07 07:39) 

サンフランシスコ人

10/16 「極道大戦争」をサンフランシスコの映画館で上映です...

http://www.roxie.com/ai1ec_event/yakuza-apocalypse/?instance_id=9304
by サンフランシスコ人 (2015-10-15 02:40) 

 サンフランシスコ人

現在、映画館の前にポスターを貼り付けています...
by サンフランシスコ人 (2015-10-18 04:33) 

furitann

 これも知らない映画
by furitann (2015-10-18 20:59) 

サンフランシスコ人

「黒澤明や日本映画が世界に紹介されるきっかけと.....」

http://bampfa.org/node/%20197327

In Focus: Japanese Film Classics

April 6–May 11, 2016


by サンフランシスコ人 (2016-01-06 02:13) 

サンフランシスコ人

3/17 「東京残酷警察」をサンフランシスコの映画館で上映します....

http://www.roxie.com/ai1ec_event/nippon-nights-15-tokyo-gore-police/?instance_id=11155
by サンフランシスコ人 (2016-03-01 08:12) 

furitann

知らない・・・
by furitann (2016-03-02 07:31) 

サンフランシスコ人

3/6 黒澤 明の『乱』をサンフランシスコの映画館で上映します....

http://www.castrotheatre.com/p-list.html#mar06
by サンフランシスコ人 (2016-03-05 08:12) 

furitann

 映像が美しいですよね、話はそんなに面白くなかった。
by furitann (2016-03-06 12:03) 

サンフランシスコ人

3/4 黒澤 明の『羅生門』をニューヨークで上映?

http://asiasociety.org/new-york/ghosts-samurai-and-war-series-classic-japanese-film
by サンフランシスコ人 (2016-03-08 07:05) 

サンフランシスコ人

「乱をサンフランシスコの映画館で上映....」

終わったので、下記のリンクをご覧ください....

http://www.castrotheatre.com/Print_Calendar.pdf


by サンフランシスコ人 (2016-03-09 01:58) 

 サンフランシスコ人

4/1 「フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン」をサンフランシスコの映画館で上映します....

http://www.roxie.com/ai1ec_event/nippon-nights-16-fool-japan-the-abcs-of-tetsudon/?instance_id=11311
by サンフランシスコ人 (2016-03-10 02:26) 

サンフランシスコ人

4/8 「ホーホケキョ となりの山田くん」をサンフランシスコの映画館で上映します....

http://www.roxie.com/ai1ec_event/my-neighbors-the-yamadas/?instance_id=11809
by サンフランシスコ人 (2016-03-20 06:23) 

サンフランシスコ人

3/9 黒澤明の「隠し砦の三悪人」をサンフランシスコの映画館で上映です...

http://www.roxie.com/ai1ec_event/nippon-nights-hidden-fortress-35mm/?instance_id=17544
by サンフランシスコ人 (2017-01-26 04:16) 

サンフランシスコ人

6/15 「羅生門」をサンフランシスコの近くで上映します...

http://www.bampfa.berkeley.edu/event/rashomon-10
by サンフランシスコ人 (2017-05-10 03:16) 

サンフランシスコ人

6/2 「たたら侍」....サンフランシスコの日本町の映画館で上映...

http://www.newpeopleworld.com/schedule/2017/5/8/tatara-samurai

http://tatarasamurai.bpt.me/
by サンフランシスコ人 (2017-05-11 03:20) 

サンフランシスコ人

5/31 『座頭市と用心棒』をサンフランシスコのメキシコ街の映画館で上映...

http://www.roxie.com/ai1ec_event/nippon-nights-zatoichi-meets-yojimbo/?instance_id=19821
by サンフランシスコ人 (2017-05-13 06:51) 

サンフランシスコ人

6/3 『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』(日本とアメリカ合衆国の合作映画)をサンフランシスコの近くで上映します.....

http://www.bampfa.berkeley.edu/event/mishima-life-four-chapters
by サンフランシスコ人 (2017-05-20 08:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0