So-net無料ブログ作成
検索選択

eLTAXのさらなる進化 [税理士]

 先日国税庁直々に「電子申告ダメ事務所」の烙印を押されたわが事務所であります、なのでそんなんでイヤガラセめいた税務調査とかされるのも嫌なので以来なるべくe-TaxだのeL-Taxだの使っているんですよ。なので先日法定申告期限を10ヶ月以上も過ぎた(つまりは前期に申告をしていないと言う事なんだな)事業所について「紙で」法人税と法人都民税の申告書を提出したら都税事務所が「期限後の申告を貰ったけどそもそも開業届が出てません」とか言われても平気。

 つうか、法人設立時に関与していた税理士は税務署に開業届(状況証拠的に青色申告と給与支払事務所の届出も出したっぽいけど)出しただけで都税事務所に開業届を出していなかったのかよ!?そのくせ社会保険の手続きがしてあったりと謎事業所だわさ、とか謎の謎たる所以は代表者が外国人でして。やっぱ日常会話やビジネス会話レベルで日本語が出来てもねえ、税務とか登記とか社会保険の日本語は更にハードル高いから全然判ってないよね。

 と言う事情は「国際会計事務所」の看板を掲げる(掲げてないけど)税理士事務所としては慣れっこです、なんつうか外国人は日本人と時間軸が違うんでイライラしちゃダメだよね。都税事務所の方に「じゃあeL-Taxで開業届を出せば良いですかね?」と貰った電話で聞いたらそれで構わないそうで、さっそく代表の方に電話で確認を貰う。何せ設立事業年度の決算申告で紙の申告書(法人税と法人都民税と異動届出書)に署名とサイン(外国人印鑑持ってない場合が多い)を貰いに行ったら途中でウンザリしていた様子だったのでこの件では快諾を貰ったり。


 で、同業の皆様ご存知でしょうけどe-Taxソフトはブラウザで開始届の手続きをすると同時に利用者識別番号が貰えるのですがeL-Taxはねえ、なんつうか属人的で先日も某市役所が何時まで経っても手続きをしてくれないので「まだですか?」とか電話を入れると「スイマセン今出ました」とか蕎麦屋の出前じゃないんだからさあと言う按配です。なのでeL-Taxの開始手続きは非常に属人的なので例えば送信直後に役所に電話を入れて「今送ったんだけどマダー?」とか督促すれば1時間ほどで利用開始が出来るし放置しておけば数日後なんだよね。

 そんなんで翌々日くらいに届出の受付が通ったので早速開始届をeL-Taxのポータルサイトから(コレはPCデスクじゃないんだよね、会計専用機の電子申告ソフトはよう知らんけど)作成して送信したら翌日くらいに都税事務所より「開業届が送付されたけど登記簿謄本と定款は?」とか電話してきたので「別途郵送しました」とか答えたら「添付しなかったの!?」と電話口で激しく驚かれたよ。いや、ウチどうせ電子申告ダメ事務所なんだけどさ。

 折角なので話を聞いたら「PDFファイルは添付できます」とかでビックリと言うか不断の努力と言うかeL-Taxも進化しているのね。ありがたい事にまた別の法人(やっぱり代表者は外国人だけど)が設立されたので開業届をe-TaxとeL-Taxでそれぞれ送ってみるよ、確かにeL-Taxのポータルサイトから開業届を送信する際に添付書類の有無に関するチェックボックスがありましてそこにチェックを入れて添付ファイルを選択すると電子申告(申請)にファイルを添付する事が出来ます。

 コレコレ、コレが電子申告でしょ。とか思うけど国税(税務署)の方は相変わらず別途郵送せよ、だからね。件のクライアントも前の会計事務所がe-Taxの申請出した際のパスワードが判らないのでリセットしたのは良いのですが「仮パスワードを書留で郵送しました」と言うのがもうね、案の定不在で結局税務署に返送されたりで「ポストに投函できる普通便で送るか税理士事務所に送ってくれない?」とお願いしても結局また本店所在地に書留で再送していてどうしようもない。と言うのは知らんけど国税通則法の附則とかで書留で送れとかなんとか決まっているんだろうけどさ。

 とか「インターネットは魔物の巣窟」と言う前提の国税庁なので話が通じないんだよね、と言うより「悪の官僚を叩くオレサマ格好良い」とか言うバカがいるから守りに入るのは仕方ないんだろうけどさ。何せFAXが1台しかないのが税務署なので個人情報の取り扱いと言うか漏洩対策が何だかトンチンカン何だけど、個人情報の保護と言うよりキチガイ対策だから仕方ないか。eL-Tax並に便利にしてほしいんだけど、ハローワークも雇用保険の手続きが電子対応になったら添付書類原則不要になったしそれ位大胆な対応が欲しい。

eL-Tax(エルタックス)
http://www.eltax.jp/


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。