So-net無料ブログ作成
検索選択

橘湯 (川崎市中原区苅宿) [銭湯]

 日曜日、ここ数日毎朝暑いので布団を蹴飛ばして寝ている、そうすると何度も目が覚めるんだよね、もう10月まで熟睡の季節は来ないか?8時に寝床から出る。火曜日のランニングのダメージがまだふくらはぎに残っていて今日はプールでヨレヨレキックかな?と思ったけど東京体育館ではそうでもなかったよ。

 先週から意識しているクロールの手首45度キープ、先週は腕力が足りませんでしたが今週は筋肉が付いてだいぶ楽。足も全然痛くならなかったのでやはり日曜に泳いで火曜に走るのがベストかな?久々に時間が余って4,500m泳ぐ、今日は腕力が復活した感じで良かったです、遅いけどさ。帰りに青山のピーコックストアでとんかつ野菜サンドの他牛乳なども買う。駐車場係りのオジサンが挨拶してくれるのは毎週同じ格好で行くから覚えられたのか?

 土曜日に掃除が出来なかったので簡単に掃除、それより雨が降りそうなのでクリーニング店に行ったりしてから掃除中に突風が吹き出してそのまま雨、時々土砂降り。17時半ごろにいい加減止むだろうと原付でバイク店に寄ったりするも全然止まない。出かけにレーダーを見た感じでは川崎方向は降っていなかったからそちらへ進めば大丈夫でしょ?と丸子橋を渡る。

 雨が降る前は蒸し暑かった(最高気温30度)のがすっかり涼しくなったね。でもプールで全身にこびり付いたカルキ成分を落とすべく銭湯へ、綱島街道を下って労災病院の交差点で左折、って武蔵小杉のすぐ先だからえらい近いよ。西加瀬の交差点で苅宿商店街に入る、すずらん灯にリスのレリーフがあるのがかわいい。川崎信金の交差点で右折すると「橘湯」の行灯が目立たない場所に立っていました。
苅宿商店街のすずらん灯
 上階は賃貸マンションの立派なビル銭湯、正面は来客用の駐車場4台分、人気で常に満杯。原付を正面に停めて下足入れに雪駄をしまいフロントへ、て無人です。案外若いご主人が一人でサウナマットの山を抱えて走り回ってる、夕食時だから家族は食事中なのか。入浴料の表の下にわざわざ「サウナ無料」と書いてあるのでビックリ、そんなに古く無さそうだけど。ご主人に450円払って左手の男湯へ。


正面
 18時半頃でピークなのか?脱衣場に10名以上。奥側に畳の台があってそれを囲むように壁ロッカーと島ロッカー、島ロッカーの入り口方向へ道具を入れる。トイレは、と思ったらフロントからの入り口の脇。洋式なんだけどちょっと汚いね、敷居やサウナのガラス戸がピカピカに磨いてあっただけに残念です。

 洗い場へ、島カラン1列でカランは外壁、と言うよりサウナの壁面沿いに4、島カランに5-6、敷居側に7。敷居手前に立ちシャワー2、サウナ入り口前のワゴンにお風呂セットを置いて立ちシャワーを浴びると皆サウナの前で待っています。何かと思えば先ほどフロントにいたご主人がサウナマットを交換しているんだね、仕事の邪魔しないように皆外で待っている訳よ。

 ご主人が出てきたので皆どっと入る。サウナ室のど真ん中に太い柱があるのが何とも。二段で入り口側手前が上下2名ずつ、柱の裏手上段に1名、柱の右手が上段3名下段1名くらいが定員です。無料なんだけどちゃんとしたドライサウナだけに人気。手前側壁面にテレビ、柱の正面に12分計。テレビはバンキシャ、やっぱ日曜夕方はサウナでバンキシャだよね、と思ったら突如チャンネルが変わってプロ野球の交流戦に。

 どう見てもアナログのブラウン管テレビなのにBSのプロ野球が放映されるのは何故?誰がチャンネル変えたの?と思ったね。帰りに判ったのだけれど、脱衣場のデジタル液晶テレビからサウナのアナログテレビに映像を出力していたんだね。だから液晶テレビのチャンネルを変えるとサウナのテレビもチャンネルが変わるワケ。満席で立っている人もいるので2往復目は無理かも?と10分粘る。

 立ちシャワーを浴びて外壁側の水風呂へ。えれ~冷たい、壁面の水温計は15度だけど本当にそうかもしれない。特に奥側壁面から気泡が出ていてそれを喰らうと30秒と浸かってられません、皆2~30秒で出ていたけどさ、2~3人ゆったりな広さなのに順番に1人ずつ入ると言うか。冷た過ぎる水風呂に長居しないからサウナは6分で汗がびっしり出るので3往復で充分堪能。

 浴槽へ。外壁側の水風呂の奥が白湯の浴槽で、奥に寝風呂やジェットバス、手前は広大。敷居側奥と言うか階段下が広い黒湯で黒湯の階段真下部分がでんき風呂、何だか川崎界隈も黒湯が多いですね、宣伝が下手な気もする。とか思ってから上がって体を洗う、カランは円筒形のボタン式で島の高さが高いのが今風か。水圧は普通、シャワーはレバーがちょっと可愛い感じだけど普通。

 2階の露天へ、露天と言ってもスリットから外気が入ってくるくらい。夕立ちで気温が下がった中黒湯の打たせ湯もある浴槽で温まる。サウナから出て涼みに来ている人がいたので眺望云々より外気が来る部屋と言う感じかね。上がる前にジェットマッサージを背中に叩きこんで上がろうとすると、全裸の初老男性が大きなバケツで白湯の浴槽からお湯を汲んでは洗い場を流し始めたね、清掃なのか?

 フロントは愛想の良い女将さんに代わっていて、雨も止んでいてまた労災病院から綱島街道に戻って帰宅しましたが、道を知っていたら府中街道に出て帰った方が早いんだろうね。黒湯良し・サウナ良し・水風呂良しなので近くの人は是非、地元の常連さんばっかりで自宅に風呂が無い人より近所のスパ銭的使い方が多かった気がします。
ビル銭湯

橘湯
http://www.kawasaki1010.com/now/koten/hokubu/tachibananakahara.htm
http://k-o-i.jp/koten/tachibanayu.html
http://www7a.biglobe.ne.jp/~masayuki/tachibanayuhirama20070112.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/East/kanagawa/kawasaki/tachiba.htm


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。