So-net無料ブログ作成
検索選択

小倉湯 (川崎市幸区小倉) [銭湯]

 日曜日、8時過ぎ起床。ちょい寝坊気味ね、普段通り東京体育館へ。やっと混雑度が震災前に戻ったかな?先週は雨が続いたため実はランニングが出来ませんでした、その分足が元気で震災前同様入場後2時間で4,500m泳いで退場出来ました、全然物足りないけど。いや、本当は屈伸で体を急に起こしたら立ちくらみがした位の体調だったけど。クロールで手首の入水角度45度を意識したら腕がパンパンです、本当腕力が無いわ。

 帰りに青山ピーコックストアでとんかつ野菜サンドとアセロラドリンクを買って帰宅、今日は中央図書館がお休みだからね。蛍光管が切れたので途中で買ったりして自宅でサンドイッチを食べたり蛍光灯を交換したりパソコンを弄ったりしてから下丸子図書館へ。持ち込んだ本を読みつつ運動後の疲労で寝る予定が、持ち込んだ本が面白過ぎて18時まで熟読。話が途切れない上に続きが気になる本も久々だ。

 18時に撤収、かなり寒くなってきたのでウインドブレーカを羽織ってまた原付で川崎へ。今日は川崎区ではなく幸区へ、本当は矢向駅を越えていくのが近いのだけれどもあの界隈は土地勘が無いので、尻手駅を越えて尻手黒川道を進む。サミット・ストアの裏手、てサミットも入ったショッピングセンターね。裏手に入ると何丁目何番地何号じゃなくて神奈川の古い住居表示の4ケタ数値、これ苦手なんだよね。

 一方通行があったりで「1324番」目指して進むと遠方に油井型の煙突発見、アソコですね、とそちら方向へ進む。何だかバス通りが2本平行している片方が小倉商栄会で信用金庫の向かいが小倉湯。本当は昨日もサウナ銭湯に行ったから今日は近所にもう一軒ある筈の「第二光の湯」で良いや、と思っていたのだけどね。実は第二光の湯は既に廃業しているので小倉湯で正解だったのだけれども。
煙突
 ビル銭湯?なのか?正面左手に階段がありフロントの上階は賃貸?裏手に自宅部分があったりとレイアウトは普通に木造銭湯だから謎だね。下足入れに雪駄をしまってロビーへ、大画面テレビソファ、奥のフロントに黙って下足の札を出すと女将さんが「ハイ、サウナもね」と察してくれます。サウナ200円で雲形のキーとバスタオルを受け取る。


 右手の男湯へ、三方道路の小倉湯ですが、どうも左手の方がガードが固い感じだったので。脱衣場は高天井からルーフファンが下がっています。壁面は板張りでオシャレなんだけどぱっと見ベニヤ板の簡易内装で工事中の様にも見える。トイレは和式ですがよく清掃がしてあります。

 洗い場へ、高天井で敷居の真上に水滴が落ちる様にV字型の天井はやっぱりビルか?島カラン2列でカランは外壁側から5-6-6-5-0-4、敷居側に水風呂を入れた際に敷居のカランの半分ほどと敷居側島カランの片面のカランを全部潰しています。その潰した側の鏡までピカピカに磨いてあるのはちょっと凄いよ。いや、洗い場への引き戸やサウナの扉のガラスもピカピカに磨いてあったりで清掃が行き届いている銭湯だったけど。

 18時半入場ですが常に10名以上、と言うより15名近い相客がいる人気の銭湯。全身をざっと流してからサウナへ。二段式で3名ずつ6名定員か?温度は90度、左右の壁面に5分の砂時計、テレビでも有線放送でもなくラジオ。7~80年代洋楽特集で聞き入ってしまったよ、サウナでエイス・ワンダーが聞けるとは。

 最初は10分入ってその後は5分を2回。小さいけど良いサウナでした。水風呂は敷居側と外壁側脱衣場に飛び出たサウナからはちょいと遠方です、手前に立ちシャワーが2でしたが桶で水を浴びて入る、温度計は24度でしたが20度チョイくらい、ちゃんと冷水機で冷やしていて快適です。足を伸ばせば1名用ですが並んで入れば2名でも大丈夫。

 浴槽は敷居側からボディジェット付の深槽、気泡ジェットと寝風呂の浅槽と薬湯、壁画は良くあるヨーロッパの湖畔のお城風タイル絵。敷居のタイル絵は小鹿2匹に白鳥とその周りを蝶が舞い、と時代を感じさせるマンガ調。深槽でちょっと温まって体を洗う、カラン、シャワーとも水圧と水量は普通、温度も適温。

 薬湯はじっこうの臭いがしてそれが浴室に立ち込めていたんだよね。体を洗った後は浅槽でざっと温まって上がる。19時半でも15人前後のお客。立ちシャワーはハンドシャワーが水専用でもう一方はお湯も出るのでそちらを浴びて出る。服を着ていると同じく上がった人がペンキまみれのニッカボッカを履いて帰ったりと仕事上がりに一風呂浴びて帰る職人とか粋だね!とか思ったり地元民の多い生活銭湯です。帰りはご主人に代わっていたフロントで下足の札を返してもらって、矢向から国道に上手く抜けてちょっとこの界隈が判ったかな?
正面より

小倉湯
http://www.kawasaki1010.com/now/koten/hokubu/ogura.htm
http://k-o-i.jp/koten/ogurayu.html


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。