So-net無料ブログ作成
検索選択

福の湯 (新宿区下落合) [銭湯]

 日曜日、7時半起床、布団がぽかぽかで良く眠れたザンス、銭湯で温まったのが良かったか?今日も何も無いので普段通り東京体育館プールへ、今日は遅い人に引っかかりまくったので時間が厳しかったですが何とか4,500m泳ぐ。つか、脱水機の脇に水着が落ちてたり更衣室のベンチ下に携帯電話が落ちてたりと落し物をやたら発見する日ですよ。

 ピーコックストアでとんかつ野菜サンド購入してから西麻布交差点そばのZ-roomに寄ってA店長に見立ててもらってジャケット購入。「これは風里谷さんの趣味じゃないと思いますけどね~」とか言いつつ勧めるのを買っちゃったよ、確かに自分じゃ絶対選ばないけど良い買い物しました。まーA店長のお勧めされるままダンナ買いするのが醍醐味の店なので。ついでに世間話をびっしりしてから広尾の中央図書館へ、ドラッカーの「イノベーターの条件」を無事に読み終わりました、感想文は近日中にアップ予定。

 さて、池袋のジュンク堂まで「となりのツキノワグマ」写真展を見に行く。予想通り壁面に写真パネルを並べただけだったけど、「となりのツキノワグマ」って写真集にしちゃ小さい本なので印刷じゃなくて写真はやっぱり細密で良いですね。特に「クマ棚(木に登ったクマが周りの枝を手繰り寄せて木の実を食べては尻の下に敷いて出来た鳥の巣状の枯れ枝の塊)」がやっとどんなか判ったよ、今度山中に行ったら良く見よう。写真集には無いキャプションで三脚のカメラを構えている風のユーモラスなクマが実は体長150cm以上とか、出くわしたら死ぬね。

 用も済んだので戻りがてら銭湯へ、せっかく池袋まで来たんでこの辺の銭湯を。なので目白通り沿いの福の湯へ、明治通りから目白通りに入り、目白駅を過ぎると新宿区、番地が下落合3丁目から4丁目に変わった辺りのバス停「聖母病院入口」先のクリーニング店左脇の路地奥に入り口の看板が出ていました。
目白通り沿いだけどわかり辛い看板


 クリーニング店脇に原付を停めて路地奥を進むと正面なんだけど、クリーニング店の隣がコインパーキングでその奥でもある。パーキングはフェンスの類が無くそちらから出入りが出来ると言うか皆さん通路に使っているんだが。先ほど原付を停めた場所は上のマンション住民用っぽいんでこちらに移動。コイン駐車場から見ると煙突が良く見えます、写真の上が切れちゃったけど実際短かったんでガス釜にでもして使っていないのかも。
煙突、手前の電柱が邪魔ね
 右手にコインランドリーでその脇に入り口。入って下足入れに雪駄を仕舞い、細長いロビーの奥のフロントへ。フロントの正面はそこそこ広いロビーで、天井を見上げるとそれは見事な折上格天井です。何だか下を見るとちょっと古いビル銭湯のロビーみたいだけど伝統的木造銭湯をメタメタに改造したんだね。脱衣場部分を三分割して中央がそのままロビーになったのかな。
改装前の入り口はもっと左手だった模様
 フロントの女将さんに回数券を渡しつつサウナも、と言うと追い金300円で下足の札と交換に手首に巻くバンドと手ぬぐいとバスタオル。受け取って持ち上げると、なんとその下に薄いピンクのケロリン桶に入った固形石鹸の箱とエッセンシャルのシャンプーとリンス、サウナ料金で手ぶらセットですか!?ちょっとビックリ。奥の液晶テレビは湯上り待ち合わせにヨサソゲなレイアウトです。

 脱衣場へ、フロアの1/3をロビーに持っていかれましたがまだ広い。ロッカーが中央側と外壁側で外壁手前に柱が有るんで元々の脱衣場を濡れ縁部分まで拡幅したのかな?ロビーのテレビがそのままBGMになっています。ロッカーに荷物を、って先ほどの服があるんで一杯だよ。トイレは和式で古いですが便器はきれい。せっかくお風呂セットを持参しましたが全部借りてしまったので使わない。

 洗い場へ、高天井の東京式銭湯ですがやっぱりメタメタに改造されています。島カランが入り口と平行に2列並んでいてカランは4-4-4-4-4、入り口左脇に立ちシャワー2。今時にしちゃちょっと背の低い敷居沿いに浴槽、奥が深槽で手前が浅槽ね。立ちシャワーをざっと浴びて股間だけ洗ってサウナへ。脱衣場を3分割して中央奥側がサウナ、手前がロビーなのか。1段のベンチで定員は4名くらい、板壁がなんともサウナっぽい。壁面の温度計は88度、脱衣場側の小窓に5分計の砂時計、壁面に2針式の12分計ならぬ60分計でスケール細か過ぎる。

 サウナの機械は壁の中で時々温風が吹き出してくるね。密室度が高くて汗がしっかり出ます、6分で出る。外に「水風呂ありません」と書いてあるだけにサウナ前の立ちシャワー(ハンドシャワー)で冷やす。と、サウナの相客が2名ほど来たんで2回目と3回目は何となく8分粘る、最近汗が出たらすぐ出ちゃうんで粘ると苦しいですね、その分汗いっぱい出て水シャワーでも脱脂が完了したのが判るし。なので4往復目は行かない、遠方過ぎるんであんまりゆっくりしたくないのもあるが。 

 浴槽に浸かってから体を洗おうかな?と思ったら、そうか、お風呂セット貸してくれたけど垢すりタオルは持参した物を使おうと脱衣場に戻る。その後、髭も剃らないと、とシェーバー取りに行ったり都合2往復だよ、慣れないサービスをしてもらうと戸惑うね。腰掛持って一番奥のカランへ。手前のカランは熱く奥は適温でしたが、手前はシャワーの水が飛んできそうで。固形せっけんで体を洗うのも久々です、前に誰かが使ったせっけんだけどチビてくる前にお客に提供するのは止めるなら何とももったいない気が。

 今度は浅槽へ、脱衣場側に気泡ジェット、中央がバイブラ、敷居はレンガタイルでペンキ絵は有りません。バイブラでブクブク温まって上がる。と、サウナ組3名がほぼ同時に上がって若干の混乱が。フロントの女将さんが回収した桶を磨いているところにまた桶を戻してでる。目白通りですがもうすぐ山手通りですね。帰りの山手通り、道路と言うより首都高山手トンネルの蓋っぽい不気味な道路で何故か上下線とも私一人の部分も有ったり、甲州街道過ぎると舗装がデコボコだしな。

 なんつうか、見事な折上格天井とかあんまり改造しない方が良かったんじゃ?とか部外者は勝手な事を思いますが、水風呂が無いとは言え、この都心の銭湯でサウナが+300円、しかも完全に手ぶら(手拭い・バスタオル・石鹸・シャンプー・リンスはサービス)で入浴できる希有な銭湯として是非近隣の人は帰りにぶらりと寄って利用する事を強烈にお奨めします。
前は砂利、しかし園芸用砂利なのが目白か

福の湯
http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=4053
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/shinjuk/fuku.htm


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク