So-net無料ブログ作成

大黒湯 (杉並区和泉) [銭湯]

 日曜日、土曜に昼寝が出来なくて眠過ぎて爆睡、普通は明け方くらいから暑かったり寒かったりで何度も目を覚ますのが8時まで目が覚めなかったからね。で、お盆休み(東京は先月だけどね)だけど東京体育館プール、高速レーンに3人しか居らず、中速レーンが混んでいたので高速レーン。2,000m泳いだら高速レーンが混んできたので中速に移動。眠いっつうか過労でヘロヘロです。

 高速レーンでクイックターンをしつつ私同様長距離を泳ぐタイプの青い水着の白人女性がいて、ペースが似ているのでペースメーカーに使っていたのですが、11時ごろ来た若いスイマーに足を引っ叩かれて彼女びっくりした時にそいつがそのまま抜いていったのはビックリ。ああ言う非常識なバカがどうせ居るだろうと中速レーンに移動した私は正解だが叩かれた彼女は可哀想。そのまま帰ってたし、突き飛ばした彼、なんぼ速くとも人間として最低だったよ。

 とか隣のレーンで憤慨しつつ今日も4,500m。ラスト+100mどころか300m上乗せ出来るんじゃ?と言う勢いでしたがやっぱり最後に大幅に失速して普段通り。プール上がりのプロテインドリンクがドロドロだったのは何?さて、帰りに青山のピーコックストア、今日は路註は止めてピーコックの駐車場に原付を停めてゆっくり買い物。とんかつ野菜サンドとお茶2本買う。広尾の中央図書館で食べたり飲んだり勉強したり読書したり寝たり。

DNS Pro-X(プロエックス)1箱(24本入り)

DNS Pro-X(プロエックス)1箱(24本入り)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: その他


 17時前に退去、15日なので靖國神社へ。閣僚が誰も行かんそうなので却って我々国民がしっかりしないと!と言う気になりますね。ま~、中国韓国も菅政権の閣僚みたいな連中は利用しても信用はしないと思うよ。夕暮れ時ですが都心は暑い!並んでいると汗ダラダラです。手押し車の老婆が賽銭に1万円札を投げたのはリアル遺族なんだろうね。
逆光なので写真が苦しいです
 参拝を済ませて甲州街道を下る。尋常じゃない蒸し暑さなのでやっぱり風呂。大原交差点から程近いサウナ銭湯を目指す。あっという間に大原交差点で右折、すぐ左手に分岐する広い商店街(青バス通り商店街)、多分コレ沿いなんだろうな?とか思いつつも環七を走る。地図に「和泉一丁目」交差点そばとあるので~、てそんな交差点無い。左折すると件の広い商店街出口なので路地裏に突入して適当に走ると煙突が見えたのでそちらへ。
煙突も逆光


 こじんまり銭湯。左右の旧前庭?部分はコインランドリーで左端の釜場手前にバイクが何台か停まっているから原付を停める。入り口脇に「スチームサウナ」と何故か両脇を花壇で装飾されて書いてあるね。う~ん、こじんまり銭湯でスチームサウナだと無料かもしれず、しかし全然効かないかもしれず。下足入れに雪駄をしまい自動ドアの向こうのロビーへ。冷房が効いていて助かり。入って右手にテレビとコインランドリーの監視カメラ映像、下足入れの左側には何故かキッチン、本当に何故?正面フロントなんだけの見た目の窮屈さは番台並のフロントに居るご主人に回数券を渡して「サウナも」と言うと追い金50円でピンクの札をくれます。
こじんまりとした銭湯
 脱衣場へ。やっぱりこじんまり。外壁側にロッカーで中央には何故か会議用の折り畳み机を二つ並べてテーブルに。高天井ですが天井には昔良く見た穴がボツボツ空いていて指でほじるとボロボロ崩れる天井材?が貼ってあります。トイレはビニールクッションタイル床の洋式、これ個人宅なら良いけど不特定多数の人が利用するとすぐ駄目になるよね。案の定床には小便が飛び散っていますが基本きれいに手入れしてあります。

 洗い場へ、高天井の伝統的東京銭湯。雄大さの割にカランが少ないのもお約束で、島カラン1列でカランは外壁側から2-5-5-6、外壁手前にスチームサウナ、敷居の手前に立ちシャワー1。ケロリン桶と腰掛持ってカランで全身の汗と言うかベタベタを洗い流す、水圧低め。

 サウナへ。入り口脇に「50円、フロントで払え」とか書いてあります。入り口正面に蒸気発生器、奥の腰掛は3人くらい、2分?3分の砂時計が2つ。入り口外側の温度計では44度とかなり低め、スチームだけに有線もテレビも無し。蒸気発生器は止まっていますがけっこう良い感じ、真冬に来たら判りませんがこの時期体が既に火照っているだけにすぐ汗が出てきます。機械止まっているのに凄いな、て、天井の換気扇が2つ、両方からけっこうな温風が吹き付けてきてこれで熱いのか?築地の寿湯にもこんなのが有ったか。
 砂時計2回分だから4分か6分入って、途中で蒸気発生器も動き出してコレはかなり効きます、50円スチームサウナで大満足でしょ。と一旦出る。見るからに水風呂が無いのでシャワー直行すると水道詮がお湯だけ、まさか!?と浴びるとやっぱりお湯のシャワーだ。え~、銭湯サウナの場合水風呂が無いのは珍しくも無いですが、シャワーで水が出ないのってどうよ?三軒茶屋の千代の湯もスチームサウナは有れど水シャワーが無くて仕方なくカランの水を浴びたんだよな。

 とかカランの水を桶に貯めて浴びるんだけど、この時期水道水って全然冷たくないじゃないですか、全然冷えない。サウナから出た時熱い筈の浴場がひんやり感じたり窓から入る30度以上の熱風が涼しく感じるんだから体の蓄熱具合は尋常じゃない。コレで水風呂か水シャワー浴びたら最高なのにな。しかし、汗をしっかりかいて毛穴の汚れや皮脂、プールの塩素や疲労をしっかり出したいのでもう一回。また砂時計2回分、今度は蒸気発生器が動きっぱなしで強烈に効きます。

 またカランで水と言うよりぬるま湯みたいな水を浴びて、一応首筋はゾクゾクするんだけど腕だの足だのは熱をもったままだね。3往復目は疲労と空腹でぐったりして砂時計1回で死にそう、ああ、これは湯当たりと言うか熱中症になりかかっているな。カランで念入りに水を浴びてしばし呆然、て浴室は世間相場では熱が篭っているので全然冷却になっていないだろうな。とか思いつつも若干回復したので無謀にももう1回。

 いや、死にそうです。完全に熱中症、体に溜まった熱が逃げていかない。普段なら浴槽に入ってちょっと温まってから体を洗うけど無理。仕方ないのでそのまま体を洗う、まーお陰さまで凄く汚れと脂が落ちてスッキリしたけど。お湯に浸からずサウナだけなのに凄いね。流石にすすぎとしてちょっと浴槽へ、どっちかと言うとぬる湯なんだけど体調がこんなだから10秒くらいで出る。敷居側が2人用の座風呂で外壁側が雲形に手前にせり出した浴槽。ペンキ絵は2010年7月7日丸山の銘が入った富山のニュートラムと立山連峰、脱衣場にも富山のポスターが沢山貼ってあり、故郷?

 立ちシャワー浴びて上がる。脱衣場でしばし呆然。トイレ前に扇風機があり、その真下の丸椅子で涼む。思わずその脇の血圧計で血圧測ると凄い事に。まー脈拍が77とかだからね。もう一人年配男性もテーブルに伏せてぐったり、彼はサウナでは無かったが。何とか体が動くようになったので帰宅。廃業した地元の國の湯が年中煮え湯で、真夏に真っ赤になるまで入ってフラフラ帰宅したけどあんな感じ。國の湯は冷房が無かったから死んじゃったかも。

 サウナは儲けモノと言う位に良いんですが、とにかく体を冷やす手段が何も無いので私みたいにしっかり入りたい人は夏場は止めた方が賢明です。ほんとうせめてシャワーで水が出れば良いのにね。
青バス通り商店街

大黒湯
http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=15058
http://sentou.jp/map/3-18.html
http://www7a.biglobe.ne.jp/~masayuki/daikokuyu_daitabashi20081231.html
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/sugi/daikoku2.htm


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0