So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

喜楽湯 (江東区南砂) [銭湯]

 日曜日、9時半頃起床。前日ソファで寝た時間を合わせると9時間は寝ているのですが全身ダルダル、ブログ更新後車用ガラスのウロコ汚れ落としを使って窓の清掃をしたらいよいよ両腕がダルくなってしまった。遊びに出かけたかったけれども無理だわ、衣替えをしたり家事を色々済ませてから昨日ドロドロに汚れた原付を清掃してから中央区の郷土天文館を見学して外に出たらもう16時15分です。今時分は後30分もすれば日が暮れるので急いで風呂に行かねば。

 勝鬨橋を渡り月島に出て葛西橋通りで右折、明治通りを右折してすぐ左折なのを通り過ぎてしまい横断歩道を渡ってUターン。件の交差点はバス以外は右折禁止なので二段階右折をして進入すると案の定婦人警官が右折の取り締まりで立っていましたよ、そのままバス通りを道なりに進むと本日の目的地である喜楽湯。実は2年半前にも前を通過したのですが、その時は春先で日の入りがもっと遅かったから荒川沿いの不二の湯まで行って通り過ぎたのだよね。
ビル銭湯
 バス通りは元八幡通りですずらん灯も立派、並びの飲食店に草野球チームがたむろしていたので焼肉屋かと思ったら中華料理店だった、草野球チームの打ち上げは町中華率高いか。左となりは曹洞宗の寺院で参道に入るとビル裏手にある油井型の煙突が良く見えるのでお邪魔して写真を撮らせてもらうよ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

バン・ドゥーシュ (千代田区麹町) [銭湯]

 土曜日、予報よりはマシな天気ですが時折小雨がパラパラ。布団干しは断念して掃除と洗濯を、クリーニング店に寄ってから大蔵総合運動場プールへ、どうも風邪気味で調子が悪い上に水曜日のランニングの疲れが残っているのでかなり辛かったのですが何とか今日も30往復3,000m泳ぐ。今日は二の酉なのでプールの帰りに夕暮れ前の浅草の鳳神社で写真を撮りたかったのですが、雨天でもう暗い、目的地をより近い花園神社に変更して写真撮影と参拝、三の酉までに仕事が片付いたら午後写真を撮ってくるか。
花園神社
 酉の市に行くともう今年も終わりだなと思う、熊手には来年の干支の犬のモチーフがやたらと使ってあったし。先日リニューアルオープンした大久保の万年湯に入って帰るか、と思ったけど土曜定休。人生はかくもままならぬものです、じゃあどうしようか?千代田区のバン・ドゥーシュがそう言えば行った事無いので今日行く事にしよう。高田馬場から牛込を抜けて飯田橋から半蔵門へ、近くは良く通るので場所は分かっているし。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ラーメン 司 (大田区東海) [食べ物]

 何故か大田市場へ、実は平成元年にバイトをしていたので非常に懐かしい。平成元年と言うのは秋葉原の駅前にあった旧神田市場が大田市場に移転した年だったので新築でした、以来四半世紀ぶりだったので感動しました。とは言っても昔の様に青果棟に行ってもジャマ扱いされるので関連棟へ、平成元年に比べたら飲食店が増えて、店舗数も増えたかな。昼飯を食べようと言う事で飲食店を見ると、水産棟もある大田市場だけに寿司だの刺身や魚介がウリの食堂などがずらり。

 しかしコレではあまりに観光客コースじゃないの、私の愛する町中華はどうよ?と言うと「つかさ」と言う町中華とその他見るからに中国人が営んでいる風の中華料理店が2軒の計3軒。そうなるとやはりつかさかな、外にサンプルが並んでいて、Aランチは「おかず+ラーメン+ライス」Bランチは「ラーメン+カレーライス」Cランチは「ラーメン+炒飯」、それとAランチの麺無しだそうで見事なドカ盛ですよ。
正面
 このドカ盛のセンスが素晴らしいのでつかさへ、1階は厨房を囲んでL字型のカウンター席で壁際にテーブル席もあり、2階席もあります。Cランチだな心に決めていたら、同時に入ったお客が「Cのバリバリ」とか頼んでいるのでフロア係の女将さんにアレ何?と聞いたら麺の固さを指定出来るらしい。九州ラーメンじゃあるまいに、と思って普通のCランチ、しかし後から来た客も麺の固さを指定していたのでココでは普通らしい

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

江戸の坂東京の坂 [書籍他]

 続編に続き150円でゲット。

江戸の坂 東京の坂 (全) (ちくま学芸文庫)

江戸の坂 東京の坂 (全) (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 横関 英一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/11/12
  • メディア: 文庫

 6月に「続」の方を先に紹介しまして、今こうして最初に出た方を紹介すると言う。因みに新刊本で買うならば、ちくま学芸文庫の「全」の方が良いのだろうね、私の場合は古本屋の特価本コーナーで拾った安い本を読んで紹介しているだけなので皆様の黄金の読書体験に貢献しよう云々などと言う事はそもそも一切考えていないと言う。その続編で書いた通りに坂ブームを巻き起こした一冊です、TBSラジオのイジュ坂954も不定期でネタ提供しているし。

 続編は坂の各論だったのが本書は総論、坂の名称の由来となった形状や周辺に何があったか?を整理して伝えてあります。それよりも坂道の泰斗である横関英一氏の本を2冊読んでようやっと思い至ったのですが、江戸時代の道路って未舗装路なんだよね、今日我々が歩く未舗装路なんて砂利が撒いてあったり土が固めてあるのですが、2冊読むと雨の日なんぞは泥が粥状にになったぬかるみが傾斜地になってるんだなとようやっと思い至りました。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

めぐろ歴史資料館 (目黒区中目黒) [郷土博物館]

 目黒区美術館の次はめぐろ歴史資料館へ、山手通りに出て外回りを中目黒方面へ進むとポルシェセンターの向かい位に「入り口」の看板があるのですが一通の出口なのよね。ぐるっと廻っていくとまあ、「目黒区立第二中学校」の跡地です。跡地と言っても学校がそのまま残っていてグラウンドでは少年野球の指導中だ、学校の通用口跡が入り口なのでエンジンを切った原付を押してグラウンド前の駐輪場に乗り捨てるよ。
中学校の跡地
 入り口もまんま中学校なのですが、自動ドアが有るのが公立校では有り得ないかな。入って右手が資料館で入場無料、左手にはまんま教室な資料室があり百科事典の様な東京大空襲の本が続き物で五冊あったのを読み込んでみたいと思った。良いか悪いかはともかく、郷土博物館と言うのは大体贅の限りを尽くしたとまでは言わないが立派な建物である事が多いのでこの中学校跡地は斬新だわ。どうも最近私が郷土博物館慣れしてきてショボいと文句を言うようになって来たので、この中学校跡地と言う脱力展示はどうだろうか。

 先ずは右手の常設へ、入るといきなり旧石器時代の遺構の剥ぎ取りではなく型を取って複製したというモノが。丸石を敷き詰めて何をしていたかと言うとその上で火を燃やして肉を焼いて食べた跡だとかでこんなの初めて見た、型抜きの過程がやたら丁寧に解説してあるのが何だかな。縄文土器や弥生式土器が無造作に展示してあって、複製とも何とも書いて無いので本物なのだろうか?他の特別区は複製を展示するか、震災で破損しない様に気を遣っているのがココの無造作感はイカす。

続きを読む


タグ:中目黒
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

日本パステル畫事始め展 (目黒区目黒) [美術など]

 先日々曜朝にEテレのアートシーンを見ていたら「目黒区美術館開館30周年記念日本パステル畫事始め展」と言うのを紹介していた、目黒区美術館て目黒図書館の隣か。テレビで紹介していたヒマラヤ山脈の夕日のスケッチが良い感じだったのでじゃあ見に行くか、日曜日に原付で目黒区民センターへ。ココは駐輪場が有るから安心なのよね、美術館に行くのは初めてですが案内に従ってぐるりと。
目黒区美術館
 入って右手のカウンターで大人千円也、上野の美術館ならともかく区立美術館で千円とか高くね?先週テレビで紹介しただけに来館者多数。順路としては1階の小部屋を見てから2階に移動しろとかで、1階ではパステル画の予習と言うよりも画材全般の歴史を学ぶ感じの展示。絵の具の顔料に宝石のラピスラズリを砕いた物を使ったり大理石を砕いて白い顔料を作ったりと言うのは感心した、引き出しに筆やら画材が入った展示は面白いのですが、肝心の引き出しが棚から外れて落下するそうで実際にそんな塩梅でちょっとドキドキ。

 展示の2階に上がる階段脇にゴンドラ印のパステルセットが展示してある、と言うよりもパステル画と言うものが名前は聞くけど実はどんな物だか分らずに来ている。クレヨンの様な画材なのでこのスティックをそのまま紙に描きつけるのか、木炭画ならやった事があるのであんな感じかな?顔料をそのまま使ったり溶剤で溶いて筆で塗ったりすると想像していたけどクロッキー的に描くらしい。

ゴンドラパステル 京色パステル 18色セット

ゴンドラパステル 京色パステル 18色セット

  • 出版社/メーカー: 王冠化学工業所
  • メディア: おもちゃ&ホビー

続きを読む


タグ:目黒
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

天々来  (品川区荏原) [食べ物]

 さて日曜日、午後は寒いけど目黒区の美術館と郷土博物館をハシゴして廻ろうっていう野心的な計画よ。本当はツーリングだワイン会だ誘われていたのですがパスして12時半頃出発13時過ぎに平塚橋交差点に到着して中原街道の裏道へ、すると交差点の歩道橋裏手にあるよしだやに札が出ているので営業しているかも!?と見に行ったら「準備中」の札だったわ、それをわざわざ出してくれたのか。元に戻って裏道に入ってすぐの中華料理店の天々来 はまだ営業している。
営業中
 コレは全く私が悪いのですが、普段は日曜14時近い時刻にランチをしようとする事が非常に多く、そうなると個人店はランチ営業が終わってたりするのよね。今日は早めなので過去何度か昼休み中の前を通過したこの天々来 もしっかりと営業している、どうも最近は町中華成分が欠乏していたのでラーメン専門店とか支那そばじゃなくて中華料理店に行きたかったのでコレ幸いと店前に原付を乗り付ける。

 店を覗くと先客は0でこのまま昼休みのつもりだったら申し訳ないかな、ビル1階の案外と大きな店で公道沿いにはテーブル席と奥には長いカウンター席。カウンター席に座ってメニューを見ると安い!麺類なら400円のラーメンから750円の五目焼きそばまで、ご飯物なら550円の炒飯から680円のカツ丼まで。ランチは700円のセット物も有るんですがやはり麺類だよな、カレーラーメン550円も捨てがたいと思いつつも結局はマイ定番のタンメン550円。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

浩乃湯 (埼玉県和光市白子) [銭湯]

 日曜日、9時過ぎに起床。ブログ更新してアイロンかけたり靴を磨いてからお出かけ、武蔵小山でランチ後目黒区美術館とめぐろ歴史資料館をハシゴ。本当は電気屋に行ってから風呂に入ろうかと思っていたけどもう16時前なので今から先に風呂に入らないと真っ暗になりそうだ、先日浴場組合よりやっと新しい銭湯マップが発売されたので本日はそれを持ち歩いていますが、旧地図には訪問済みの風呂屋に印を書き込んでおいたのを写し忘れて困った。もう都内の風呂屋は8割方訪問しているので印が無いと行ったかどうかも定かではないのよ。

 なので先月行った寿浴場のすぐ近くにある埼玉県和光市の浩乃湯へ行くか、キリン一番搾りのCMで堤真一さんが入ってる風呂屋ね。



 目黒からなので山手通りをひたすら北上してから川越街道で成増まで行くと本当に16時半過ぎて空がみるみる暗くなってきてやはり電気屋を後回しにして正解、寿浴場を通過した先で右折すると大きなCM通りの風呂屋が。しかし躯体が未舗装の土の上にドンとあるのね、何も埼玉県に入ったら突如未舗装になったのではなくこの場所がそう言うところ。周囲は未舗装の月極駐車場なのかトラックがやたらと停めてあり、裏手に廻ると地面の上に無造作に廃材が積んであったりする。
全景

続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

三原台 富士の湯 (練馬区三原台) [銭湯]

 土曜日、少し前倒し気味に普段の家事を。と言うのは組合業務として映画の撮影立ち会いに行かねばならないから、折角の土曜日なのに、幸いスタジオが砧で普段通っている大蔵総合運動場プールから目と鼻の先なので水着を持参する。プロデューサーから撮影の段取りについて説明を受けた後スタジオのセット見学、監督や女優さんとの記念撮影は一応スポンサー様として来ている故の役得なのか。

 そんなんで普段よりも90分遅れでプールへ、普段通り30往復3,000m泳ぐ(内300mは水中歩行ですけど)。どうも息切れが酷いのはやはり心肺を鍛える為にも30往復全部泳いだ方が良いのかね?以前はプルブイを使って腕だけで泳いでいたので、案外足でキックする今より楽していたのだけれども。押した分外に出たのが17時半前、日中は生暖かい陽気で裸足でしたが夜に備えて五本指ソックスを持参。したつもりが指無しだったので仕方なく引き続き裸足に雪駄スタイル。

 暗くなったから場所が分かる風呂屋に行くか、先週前を通過した富士の湯へ。環八から笹目通りに入って谷原交差点で側道へって側道が2つ有ったのね、最初は見覚えのない道に出て焦ったわ。途中で気付いて一本北側のバス通りへ、沿道沿いの大きな風呂屋なので見落とし様が無いのですよね。本日は日暮れ後の訪問だったので先週前を通過した時の写真を流用。
全景

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

南命山善光寺 (港区北青山) [旅行]

 表参道でランチ、しかし想定以上に早く食事が済み過ぎて13時の待ち合わせだってのに40分以上ヒマになってしまった。15時より別の待ち合わせがあったので空いた時間を利用してそちらへの道順を確認する、前回は西麻布側から行った場所なので表参道側からだとどうだろうか?なんてウロウロしたお陰で青山通りの一本裏にセレブな奥様向けではなくサラリーマン向けの好ましい飲食店が多数あるのが解ったのだけれどもね。

 それでもまだ時間が20分以上余っている、昔なら本屋で立ち読みしたり雑貨屋を冷やかしたけどね。青山通り沿いから立派なお寺の山門が見えたのでそちらへ行ってみようか?山門左手に信州善光寺別院・南命山善光寺とありますね。牛に負われたくても牛なぞいない都心の青山ですが車の場合は山門右手に廻り込めとある、信州の善光寺は前に行きまして、広い境内でしたが青山善光寺も都心の社寺としては充分広い。山門は左右に仁王像があり彩色した天井は格天井で境内側には風神雷神像があるね。右手には鐘楼もあるので夕方には鐘を撞くのかね。

 左手に手水があったのでお参り前に使わないと、と思ったら水が張ってない。先日都心の神社に参拝した時には人感センサー付きのハイテクな手水が有ったのでソレかな?と正面に立ったリ手をかざしても無反応だ。何でしょうね?後ろを見るとホースを取り付けた水栓があり試しに廻すと龍の口から勢いよく水が飛び出して外に跳ねてしまった。成程手動式たけど水栓はゆっくりと少しだけ開けるのが正解、お陰で手を洗って口もすすぐ事が出来ました。手水の後ろに無縁仏?の墓石が集積してあり、手前のには正四位とかあるのに。
手動の手水

続きを読む


タグ:表参道
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -